幼児で大卒を決定づける【有名幼稚園】受験対策

2010年05月03日

幼稚園に通わせるために必要な費用

幼稚園と一口に言いましても、難関小学校への「進学」を目的とした
幼稚園もあれば、情操教育を重視する幼稚園もありますし、単に遊ぶ
ことを重視して母親の負担を軽減するためだけに開園しているとしか
思えないような幼稚園まで幅広く存在します。

このため、幼稚園の入園や通園に必要な費用は、幼稚園ごとにかなり
差があります。

また、私立と公立でも費用には違いがあります。
私立の方が高いことは言うまでもないでしょう。

しかし、費用を最優先にして幼稚園を選ぶことはおすすめできません。
経済的に辛いのであれば、無理して通わせる必要はないという選択肢も
あります。
あなたや家族が働いている間は、近所の親戚や知り合いに預けること
でも代替できるからです。

入園料や授業料が安いからといって簡単に決定すると、実は送迎バスが
なくて、送迎を自分でしなくてはいけなかったり、給食がなくて、毎日
お弁当が必要になったりして、結局、給食や送迎バスのある幼稚園より
高くついてしまったというケースもあるようです。

見た目のコストだけで選んでしまうと、ろくな事がありません。


特の公立の幼稚園では、入学金や保育料は、収入によって変わる事が
多いので、事前に問い合わせて値段を確認しましょう。
私立の場合は受験案内や学校案内に明記されていると思いますが、
不明点は担当者に問い合わせるようにしてください。

また、入学金や保育料以外にも教材費や積み立て金なども必要です。
幼稚園で制服があればその費用が必要になりますし、私服ならば、
毎日同じ服を着ていくわけにもいかないでしょうから、それなりの
子供服が必要になるでしょう。

公立なら、費用面で差がでる事はあまりありませんが、私立の場合は
幼稚園毎に費用が違います。
公立と変わらない費用で済む私立幼稚園もありますが、年間数十万円
用意する必要がある私立幼稚園もあります。
特に、進学系や宗教系は高くなる傾向があるようです。

なお、特定の私立幼稚園の費用を公立と同じくらいの負担にしようと
する制度もあります。(適用対象でない私立幼稚園もあります)

補助金は自治体毎に決めているので、あなたのお住まいの区市町村で
種類も金額も変わってきます。

比較的財政が健全な自治体や子育て支援に積極的な自治体であれば、
手厚い援助が期待できますが、財政破綻したり、予備軍の自治体では
それほど期待できません。

幼稚園を決定する前に、補助金についても自治体の担当者に確認をして
おくといいでしょう。
自治体によっては、公立幼稚園に入園した場合も補助金がでるケースが
あるそうです。

積極的に広報してないために、あなたが知らないと損する事が多いのが
お役所の特徴なので、ぜひとも注意してください。

事前にインターネットや幼稚園にお子さんを通わせている親御さんなど
から情報収集をして、各自治体の担当の窓口で質問したほうがいい
でしょう。

posted by 幼稚園生活 at 08:43| 幼稚園の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月27日

幼稚園をお子さんが嫌がったときには?

幼稚園に子どもを預ける際に、大変なのが朝のお別れではないでしょうか?

子どもの順応性は高いと以前ご紹介しましたが、いざ、「嫌だー!ママと
一緒にいるー!」なんて泣き叫ばれると、つらい思いになってしまうと
いう方もいらっしゃると思います。
我が子が寂しがる姿を親がみるのは、なんとも悲しいものです。

中には、連れて帰ってしまおうかなんて考える親御さんもいるのでは
ないでしょうか?

単に寂しがっているだけなら特に問題はありません。
極端なことを申しますと、歯磨きやお風呂、寝るのと同じ程度の年中
行事の一環ぐらいに思っておけばいいでしょう。

いつまでもなき続けているかどうか、幼稚園の先生に一度確認されると
いいですよ。
泣いているのはお別れの瞬間だけで、しばらくすれば、楽しくお友達と
遊んでいるようであれば、全く問題ありません。

普段見られないくらいに嫌がったり、明らかに、表情や動きがおかしい
と感じられた場合は、警戒モードに入ってください。

「何かが起こっている」と思ったほうがいいでしょう。

ゆっくりと子どもと向き合う時間をつくって、優しく子どもに聞いて
みましょう。
容疑者の取調べを行う刑事じゃないんですから、お子さんを質問攻めに
したり、誘導尋問を無理にしないで、のんびりと子どもが話しだすまで
待つようにしてください。

どうしても原因がわからないようであれば、お迎えの時間に、お子さんに
気づかれないように覗いてみましょう。

普段、バスで送迎をされている場合は、一度直接幼稚園に向かってみる
のもいいかもしれません。

あなたのお子さんは元気に走り回っていますか?
その表情は明るいですか?

なにか不安に感じる部分があったら、すぐに園長先生や担任の先生に
相談しましょう。

隠蔽体質の強い幼稚園であったり、先生でも原因が分からないといった
理由などにより、相談しても解決しないことも考えられます。

その幼稚園に通わせる事が、子どもにとって幸せではないと判断した
のであれば、休園や転園も検討してください。

転園する場合は、前の幼稚園には戻れませんので、転園先は慎重に
選んでください。

まずは、一時的にでも休園して様子を見るほうがいいと思います。
その後、原因ははっきりしてくれば、転園や退園も考えたほうがいい
でしょう。

ただし、公立小学校に通わせる場合は、幼稚園でいた同じ子どもたちと
再会する可能性があることは頭においてください。
(あくまで可能性の話です)
posted by 幼稚園生活 at 09:48| 幼稚園の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月22日

幼稚園の方針はあらかじめチェックしましょう

幼稚園を選ぶ際には、どのようなことを最優先に考えますか?

有名幼稚園へのお受験であれば、受験対策の充実した小学校への進学率を
最も気にされると思いますし、大学までエスカレーターで進学できる
幼稚園であれば、その園自体を考えるかもしれません。

もし、選択肢が一つしかない場合は、何も考える必要もありません。
しかし、選択肢がある場合は、通園時間や幼稚園のシステムなど、色々な
違いがでてくるので、なかなか決められないのではないでしょうか?

自宅からもっとも近い幼稚園や、ママ友達のいる幼稚園を選ぶ方も多い
ようですが、幼稚園の選択次第では、幼い子どもの成長に大きな影響を
与えることもあるようです。

各幼稚園の方針がどんなものか、あらかじめ把握しておくといいでしょう。

ゆとり教育をする幼稚園と、規律を重んじたり、英才教育に力を入れる
幼稚園では、幼稚園での教育内容にも、相当な違いがでてきます。

この方針が一番良いといったものではなく、あなたが求めているものと
幼稚園の方針が合致するかどうかが重要です。

お子さんの、どのような分野を伸ばしたいのか明確にしてみましょう。

・厳しくてもいいから、きちんとしつけをさせてもらいたい

・小学校受験をさせたいから、勉強をたくさんさせたい

・勉強は小学校以降でいいから、伸び伸びと、楽しくすごさせたい

など、思うところは人によって大きく変わってきます。

あなたの考える方針に近い考え方をしている幼稚園を探してみるのも
一つの方法でしょう。

いくら近場で通園が楽だといっても、あなたの教育方針に合わない
幼稚園に通わせるのは、お子さんもあなたもストレスを感じます。

親と先生が全く違うことをいっていたら、子どもは混乱します。
今後の性格に影響を与えてしまう危険も十分に考えられるわけです。

幼稚園のパンフレットといった表面的なことだけではなく、園長先生や
幼稚園の先生の話を聞いて、幼稚園選びの参考にするといいと思いますよ。
posted by 幼稚園生活 at 08:59| 幼稚園の選び方 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
進学塾に通わせる必要はありません
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。