幼児で大卒を決定づける【有名幼稚園】受験対策

2010年06月05日

お子さんが習い事をしたいと言う時の対応策

お子さんがなにか習い事をしたいと言ってきたら、あなたはどのように
対応されますか?

「子供がやりたいことは、全てやらせてあげたい」
と思うのが親心ではないでしょうか。

とはいうものの、子供は色んなものに興味を持つことから、言われるが
ままに、何でもやらせていたらキリがありません。
すぐに飽きてしまい、やめてしまうということもありえるわけですね。

さらには、授業料や支度代などを含めると、金銭的な負担が大きくなり
とても支払えるものではありません。

まずは、子供が一時的な気まぐれだけで言っていないか、本気なのかを
確かめることは必要です。

1回だけでなく、何度も繰り返し習い事をしたいと口にするようなら
本気であると思っても良いでしょう。

また、子供が、その習い事について、色々と調べているようであれば
さらに真剣に考えていると判断できます。

親としては、その習い事を続けることで、子供に将来に渡って何らかの
メリットがあるのかといった観点からも考える必要があります。
子供がまだ低学年であれば、送迎の問題も考えないといけません。

習い事によっては、試合や発表会などが開催・参加することも十分に
考えられます。

このように総合的に考えると、金銭的にも時間的にも厳しいものが出て
くるかもしれません。
お子さんの都合もそうですが、親の都合も考えなくてはいけませんね。

最も重要なことは、なぜそれを習いたいのかを子供にしっかり確認する
ことです。

小学生であれば、仲の良い友達が習っているから一緒にいきたいという
理由も考えられます。
一度、習わせることを決めたのであれば、途中で投げ出すようなことを
しないように約束させましょう。

繰り返しになりますが、子供というものは気まぐれな一面があります
ので、自分の希望で始めたのに、途中で飽きたら「いきたくない」と
すぐに言い出します。

体験レッスンや体験教室が用意されている習い事もあります。
実際にどのような感じなのか試してみるのもいいかもしれませんね。

ほかの習い事などと掛け持ちするのであれば、時間の調整が大変に
なりますが、お子さんが小さいうちはスケジュール管理は親が行う
必要があるでしょう。
ラベル:習い事
posted by 幼稚園生活 at 08:31| 幼稚園生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

幼稚園に通いだすことで罹りやすい病気は?

家庭保育とは異なり、保育園や幼稚園に通い始めると、集団生活となり
ます。
このため、園児の中に保菌者がいたりすると、あっという間に伝染病が
広がってしまう恐れがあります。

特に、入園仕立ての頃、4月は何かと他の園児などが持っている病気に
感染する危険があるといえるわけです。
入園する前に、その時期に対応した対策をあらかじめ練っておく必要が
あります。

まず、4月という時期は、はじかや水痘、風疹、風邪などの伝染病が
元々多い時期です。

出産後に受ける必要のある予防接種のうち、まだ接種していないものが
残っていれば、入園前に済ませておくといいでしょう。
ワクチンによる副作用などを気にされて、予防接種を控えている方は、
感染後の対策を十分行うようにしておくと安心です。

その後、夏になると、夏風邪や、あせも、水いぼ、虫さされ、とびひ
といった病気も流行してきます。
また、プール熱やヘルパンギーナ、手足口病も流行しやすい時期です。
それ以外には、おたふく風邪や皮膚病にも注意が必要です。

あせもなど、あらかじめ予防できるものに対しては事前に対策をして
おくことが必要です。

なんといっても、冬場は温度も湿度も低いことからウイルスの活動が
活発化するために、1年のうちで最も病気が流行しやすい時期です。

この時期に大流行するのが季節性インフルエンザです。
ワクチンによる副作用を気にされないのであれば、予防の意味をこめて
10月くらいには予防接種を受けておいたほうがいいでしょう。

新型インフルエンザの対応は、国の今後の方針を元に対応されると
いいでしょう。

それ以外の場合で、子供がかかりやすい病気がロタウイルス性下痢症
(乳幼児嘔吐下痢症)です。

冬場は、ウイルス性のものではない一般的な咳や鼻水がでる風邪にも
かかりやすくなります。

加湿器やマスクを用意しておくなど、しっかりと湿度対策をしておき
ましょう。

年間を通して流行しやすいのが、溶連菌感染症です。

幼稚園に上がると、他の園児などから病気が伝染されるパターンが多く
なります。
もらい病気の場合は、なんとも理不尽な話ですが、集団生活を行ううえ
ではやむをえないことだと考えて冷静に対応しましょう。

また、幼稚園で伝染病が出た場合、感染の沈静化のために、学級閉鎖や
数日間程度、休園になる場合も有ります。

保護者は予防対策を徹底すると共に、場合によっては、ほかの託児所
などの手配もしておく必要があるといえるでしょう。
ラベル:病気 感染 罹る
posted by 幼稚園生活 at 09:50| 幼稚園生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月25日

幼稚園で弁当を持たせるときのポイント

幼稚園に入ると、普段は給食を出すところでも、「お弁当の日」という
日があるようで、その日はお母さんは早起きしてお弁当作りをしなければ
いけません。
中には、コンビニ弁当を詰め替えて持っていかせる親御さんもいるよう
ですが、手作り弁当の方が多いのではないでしょうか。

今は「キャラ弁」といった、かわいらしいお弁当が流行っています。
ディスカウントストアや総合スーパーなどに行くと、子供の喜びそうな
お弁当グッズもたくさん売られていますよね。

しかし、それはあくまでも「彩り」や「見た目」の問題です。
それでは、お弁当を持たせるに当たって「食の安全」を保つためには
どうすればいいのでしょうか。

お弁当作りには、しっかりとした食中毒対策が大切です。

冬場であればともかく、雑菌が繁殖しやすい夏場を中心として、食中毒
対策を意識して行いましょう。
以下の各ポイントは守るようにしてください。

・必ず作る前に手指を良く洗うこと

・調理に使う包丁やナイフなどは清潔な物を揃えること

・肉や魚、卵類にはよく火を通し、半熟/生焼けにしないこと

・水気のあるものは水気を良く切って弁当箱に入れること
 (カップなどを使って分けるのも効果的)

・食材の腐敗を抑える効果のある酢を料理に取り入れること
 (メニューによっても変わりますが可能な限り)

・お弁当は冷めてから蓋をすること
 (暖かいままふたをすると、水滴が弁当箱の中にこもってしまい
  菌が繁殖しやすくなる)

・必要に応じて保冷剤や保冷バッグを使用すること

また、お弁当の殺菌シートが売られています。
必要であれば、利用されてもいいのではないでしょうか。

キャラ弁といったかわいい彩りは、お子さんがとても喜びますよね。
しかし、食中毒対策を怠ってしまっては何にもなりません。

まずは、見た目にこだわるよりも、食中毒対策をしっかりするように
したいものです。
お子さんが食中毒になると、大人と比べても重症化しやすくなります
ので、十分な注意が必要です。

上記のポイントを徹底することで、お弁当によって発生する食中毒の
リスクはかなり減らせると思います。

その上で、彩を添えられるのであれば、親の腕の見せ所といったところ
ではないでしょうか。

ラベル:幼稚園 弁当
posted by 幼稚園生活 at 08:50| 幼稚園生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
進学塾に通わせる必要はありません
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。