幼児で大卒を決定づける【有名幼稚園】受験対策

2010年06月21日

幼稚園受験をさせるメリットとデメリット

幼稚園受験のメリットとは、どのようなことがあるのでしょうか?

幼稚園のみの運営をされているところは別ですが、最も有力な理由と
して考えられることは、系列小学校への内部進学制度があったり、系列
学校との一貫教育をしているところではないでしょうか。

内部進学制度ということは、有名私立の幼稚園に入ることができれば
そのままエスカレーター式で小中高大学(どこまでエスカレーターが
用意されているかは学校により異なる)と進むことができるのです。

さらに、進学時にペーパーテストがないケースが多いので、小学校、
中学校、高校、大学でそれぞれ受験するよりも、子供の勉強の負担が
少なくて済むという点もメリットでしょう。

有名な私立校に入学するための最も簡単な方法は、幼稚園受験すること
かもしれません。

もし、エスカレーター式でなかったとしても、一部を除く私立幼稚園で
あれば、小学校受験への理解があるため、小学校受験のために行事など
が配慮されていたり、塾や習い事に通いやすいように保育時間が短めに
設定されているようです。

もちろん、メリットだけでなくデメリットもあります。
やはり、保育費用が公立と比べても高いですし、他の保護者との経済
格差を感じることも多いでしょう。
富裕層と中間層以下では、日頃から異なることが多いものです。

また、幼稚園受験のために進学塾や習い事に通わせるのなら、その分、
費用も追加で必要です。

幼稚園から大学まで一貫教育となると、15年以上同じ学園で過ごす
ことになります。

小さい頃から一緒ですごすため、仲は良くなるかもしれませんが、地域
との交友範囲がなくなり、学校内の知り合いだけに限られてしまうと
いったデメリットもあるでしょう。

あとは内部進学の時ですね。

一度入ってしまえば後はエスカレーター式と申しましたが、実は簡単に
上へ進学できるというわけでもなりません。
進級する時には、それなりに周りについていくための努力も必要です。
posted by 幼稚園生活 at 08:22| 幼稚園受験 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
進学塾に通わせる必要はありません
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。