幼児で大卒を決定づける【有名幼稚園】受験対策

2010年05月30日

幼稚園に通いだすことで罹りやすい病気は?

家庭保育とは異なり、保育園や幼稚園に通い始めると、集団生活となり
ます。
このため、園児の中に保菌者がいたりすると、あっという間に伝染病が
広がってしまう恐れがあります。

特に、入園仕立ての頃、4月は何かと他の園児などが持っている病気に
感染する危険があるといえるわけです。
入園する前に、その時期に対応した対策をあらかじめ練っておく必要が
あります。

まず、4月という時期は、はじかや水痘、風疹、風邪などの伝染病が
元々多い時期です。

出産後に受ける必要のある予防接種のうち、まだ接種していないものが
残っていれば、入園前に済ませておくといいでしょう。
ワクチンによる副作用などを気にされて、予防接種を控えている方は、
感染後の対策を十分行うようにしておくと安心です。

その後、夏になると、夏風邪や、あせも、水いぼ、虫さされ、とびひ
といった病気も流行してきます。
また、プール熱やヘルパンギーナ、手足口病も流行しやすい時期です。
それ以外には、おたふく風邪や皮膚病にも注意が必要です。

あせもなど、あらかじめ予防できるものに対しては事前に対策をして
おくことが必要です。

なんといっても、冬場は温度も湿度も低いことからウイルスの活動が
活発化するために、1年のうちで最も病気が流行しやすい時期です。

この時期に大流行するのが季節性インフルエンザです。
ワクチンによる副作用を気にされないのであれば、予防の意味をこめて
10月くらいには予防接種を受けておいたほうがいいでしょう。

新型インフルエンザの対応は、国の今後の方針を元に対応されると
いいでしょう。

それ以外の場合で、子供がかかりやすい病気がロタウイルス性下痢症
(乳幼児嘔吐下痢症)です。

冬場は、ウイルス性のものではない一般的な咳や鼻水がでる風邪にも
かかりやすくなります。

加湿器やマスクを用意しておくなど、しっかりと湿度対策をしておき
ましょう。

年間を通して流行しやすいのが、溶連菌感染症です。

幼稚園に上がると、他の園児などから病気が伝染されるパターンが多く
なります。
もらい病気の場合は、なんとも理不尽な話ですが、集団生活を行ううえ
ではやむをえないことだと考えて冷静に対応しましょう。

また、幼稚園で伝染病が出た場合、感染の沈静化のために、学級閉鎖や
数日間程度、休園になる場合も有ります。

保護者は予防対策を徹底すると共に、場合によっては、ほかの託児所
などの手配もしておく必要があるといえるでしょう。
ラベル:病気 感染 罹る
posted by 幼稚園生活 at 09:50| 幼稚園生活 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
進学塾に通わせる必要はありません
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。